Page: 2/10  << >>
お茶のときにでも、お読みください

『ゆるり民藝 東北に暮らして』
     大谷美紀

 
普段つかいの身の回りの手仕事の品々。
東北の風土で生まれたものとのくらし。
作り手、産地へ足を運び、伺ったおはなしなども織り交ぜながら、
日々のうれしいことが語られています。

のんびりとお読みいただければと思います。



  ゆるり民藝_表紙2.jpg

宮城県の地元紙、河北新報の朝刊に掲載された
「ゆるり民藝 東北に暮らして」が冊子になりました。

島根県育ちで、仙台市在住のライター大谷美紀が出会った
民藝の味わいや感じた日々の喜びを月に一度紹介している連載です。
2014年1月から12月までの内容に
新たに仙台駄菓子などを加えて再編集されています。



ゆるり民藝冊子_中扉.jpg

扉には、仙台の柳生和紙(楮100%)に活版印刷した短冊が手貼りされ、
民藝の祖である柳宗悦と柳生和紙の関わりについても紹介されています。



[目次と内容]
 
1月 大人のままごと     
    漆の小さな器たちと
 
2月 立春大吉の手紙     
    贈る心 和紙にのせて
 
3月 南部鉄瓶のある朝    
    白湯の味 心をまるく
  
4月 曲げわっぱのおべんとう 
    秋田杉 百年のごちそう
  
5月 お菓子の木型      
    伝統映すひとかけら
 
6月 山ぶどうの籠 
    樹液のしたたる梅雨が旬
 
ゆるりいっぷく
仙台駄菓子をおともに  
 
7月 土鍋で夏野菜  
    地の味わいを生かす
 
8月 子どものお茶時間  
    手仕事の器に心通う
 
9月 価値あるお古  
    心地よさ増す藍染め
 
10月 仙台芸妓と三春人形  
    作為なき舞い姿 心打つ
 
11月 愛着のホームスパン  
    仕立て直して息長く
 
12月 庄内のしめ縄  
    豊穣を願う祈りの形


ゆるり民藝_中面.JPG


 【著者略歴】
大谷美紀(おおたに・みき)


島根県育ち。京都女子大学卒業。1991年から仙台市に暮らす。
ライターとして東北のひとや文化などを取材。丁寧な手仕事
から生まれた焼き物、織物、染めもの、和紙、木工など、気
になっていたものに触れるうちに「民藝」にたどり着く。
2007年より宮城県民芸協会会員

 
 
 
『ゆるり民藝 東北に暮らして』 
著者 大谷美紀
発行 光原社仙台店
 
800円(税別)
A5/36ページ 柳生和紙の短冊付き(活版印刷)













 
| kogensya | 16:21 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
木と金の二人展
たのしい匙とスプーン


いつの間にか春の定番となった玲さんとルカさんの会。
素材は違うけれど、スプーンとかだから一緒でよいでしょう!
と始まった二人展。やわらかな拭き漆の匙と、
金属ながらこれまたやわらかな風合いのルカさんの真鍮のスプーン。
お互いを引き立てあいながら並びます。

 
我が家のカトラリーも木匙、金の匙とさまざまな形のものが増えて、
充実しつつあります。
どの匙にしようかと迷うのも楽しいもの。
今年もまた新しい出会いがあると期待しています。


             IMG_3420.JPG


伊藤玲 菊地流架 木と金の二人展

2015年3月20日(金)〜26日(木) 光原社仙台店 店内 10:00〜18:00
 
| kogensya | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ねりこみのうつわ
どうして使ってしまうのでしょうか?

七尾さんの展示会も今回で3回目です。着実にファンを増やし
ている感じであります。 
催す側も回を重ねるたびにじわじわ
と七尾さんのうつわが暮らしに浸透してきました。

 
うつわはやっぱり使ってみないとわからないもので、いいと
思って購入してもあまり使わずということもあります。そん
ななかで七尾さんのうつわは我が家では稼働率トップクラス。
常に一番使いやすい棚にしまわれています。

 
何がよいのか、と考えます。柔らかな肌合い、落ち着いた
色合いでいろいろな料理を受け止めてくれます。それでい
て食卓がピッと引き締まる、よい緊張感があります。
そんなバランスのよい心地よさが意識せずとも使ってしまう
理由ではないかと思っています。



IMG_5620.JPG
IMG_5461.JPG
活躍中の練り込み楕円鉢。盛鉢からめいめいのうつわにまで、守備範囲が広いです。

七尾佳洋 作陶展
2014年11月14日(金)〜17日(月)

 
| kogensya | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
森永豊 吹きガラス展2

森永豊 吹きガラス展-2-

森永さんに初めてお会いしたのが、
師匠である舩木倭帆氏の日本橋三越での
展示会のとき。十数年前のことです。 


その後独立されて、最初に作品を送って
いただいた時のことはよく覚えています。
舩木氏の作品とはずいぶんと作風が
違いました。

思っていたイメージとは異なり、
でも心引かれるところもあり、
定番として扱わせてもらうことになりました。
 

そんな感じのはじまりでしたが、
予想を超えてお客様に受け入れられ、
着実にファンが増えていきました。


仙台光原社での会も三回目を数えます。
毎回、定番品以外に、
ええっ?っと思うもの、
おおっ!と感じるもの。

多彩な作品群は、スタッフも皆、
どんな作品に出会えるかと
心躍らせてます。 


今回の会では500点、130種類以上の作品が並びます。
 



森永豊のガラス小屋日記 
http://mori.firebird.jp/wordpress/kenjimiyazawa/2014719/


森永豊 吹きガラス展 2014年7月25日(金)〜31日(木)










 
| kogensya | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
森永豊 吹きガラス展

森永豊 吹きガラス展


IMG_2713.JPG


思うところあって、
最近、薪を焚いてガラスを作っている。
補助的にではあるが、なんか楽しいのである。

それにあわせて徐々に作るものも変わっていくだろう。


変わらないことは大切だが、
変えられずに身動きも取れなくなっていきそうな
世の中はいやだと思う。


                   2014年7月 森永豊



展示会の案内に寄せてもらう森永さんの文章は、
毎回の楽しみにしています。

薪を焚いてガラスを作る様子は
森永さんのブログにも書かれていますので、
ぜひご覧になってみてください。
森永さんの人柄や暮らしぶりが垣間見るのではと思います。


2年ぶりの会。
ガラスのうつわとはこういうものだろう、
という自分の中の観念を少しずつそれているものが必ずあり、
そしてそれがいやな感じがすることなく、
いつの間にか心地よく身になじんでゆきます。

今回はどんな出会いがあるか、
ぜひ楽しんでごらんいただければと思います。



森永豊 吹きガラス展 
2014年 7月25日(金)〜31日(木) 
26・27日は森永さん来場予定です。







 
| kogensya | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
やわらかな白さ、が?

やわらかな白さ、が

うちの店で「粉引(こびき)のうつわ」といえば
益子の石川雅一(はじめ)さん。

白くやわらかな風合いは、粉引ならではです。

ただ、その真っ白さのみに引かれて使いはじめると
「あれ?」と思うひとがいるかもしれません。

粉引のうつわは白い化粧泥をかけているので吸水性が高く、
使っていると、だんだんと色がかわり
最初には感じられなかった風合いがでてきます。

日本人の感性は、そんな変化を
「美しい!」と感じてしまうのですね。
すばらしい!

使い方によっては
まったくの別物のように変化することもあります。

穏やかに変化していくさまを楽しむには、
使いはじめる前に、
米のとぎ汁で15
分〜20分くらいコトコト煮ることです。
表面の細かな隙間の目止めになり、汚れがつきにくくなります。
これは粉引でなくても、陶器全般にいえることですが。

粉引について事前にお知らせしたいのは、

白い化粧泥をたっぷりとかけているので、少しかけやすいこと。
土の上に直接釉薬をかけた陶器より
少しやさしく取り扱っていただくとよいかもしれません。

やわらかくいろいろな表情をみせる白色は
ほかには変えがたい魅力ですし、
やはり使い込んで、とろりと変わっていく風合いは楽しいものです。


 
IMG_2370.JPG
左が新品の盃、右が6年ほど使用したもの。
6年使用したほうが飴色がかって
やわらかい感じに変化しているのがお分かりいただけるでしょうか?




IMG_2367.JPG
こちらが新品。



IMG_2366.JPG
こちらは使い込んだもの。



IMG_2371.JPG
右の徳利も、ぐい呑みと同じ6年前ごろから使いはじめたものです。


益子 石川雅一作陶展 
2014年3月21日(金)〜24日(月)











 
| kogensya | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「初春の市」開催中です

あけまして
おめでとうございます






天馬が地上の禍事を追い払い
願いがかなう希望の年になりますように。
今年もよろしくお願い申し上げます。

恒例の「初春の市」が
にぎやかにはじまりました。




縁起福引をされた方には、もれなく
ひのきの拭きうるしお箸や
小鹿田焼のかわいらしい鳥の箸置きを差し上げます。

箸や箸置きに添えられている福引くじで
特賞、光原社賞、松、竹、梅、初夢、七草などを
お当てください。

本日1月2日から4日まで
「初春の市」をお楽しみください。


 







 
続きを読む >>
| kogensya | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
気がつかないうちに磨いてしまいます
一台二役

片肘の椅子が、さまざまラインアップされている矢澤工房の製品です。

両肘椅子の場合、ゆったりとしてはいても
食卓で使うと、腰かけるときに引いたり
戻したりしなくてはなりません。

それが片肘だと、横からすっと座ることができ
動かす必要がないのです。

しかも、肘付だから、ゆったりくつろげます。
本を読んだり、テレビを見たり、安楽椅子として十分な座り心地。

見ためと違って軽々と持ち運べるので
場所を移して、読書したり、音楽を聴いたりもできる、一台二役の働きものです。

IMG_2001.JPG
片肘丸椅子(ヒノキ、拭き漆) ¥97,650(肘のない「丸椅子」もあります)


気がつかないうちに磨いてしまいます

矢澤家具の特徴は、
角が面取りされ、
手触りがやわらかいところ。

ヒノキやナラなどの無垢材に、拭きうるし仕上げされた触れ心地は、
撫でさすりたくなる気持ちよさ。
何年か後には、肘の部分はワックスをかけたようにツヤツヤとしてきます。


好みや置く場所に応じて、右側の肘付、左側の肘付を選べます。
IMG_2002.JPG


矢澤工房HP http://www.eurus.dti.ne.jp/~k-yazawa/gallery.html
 
| kogensya | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Tomoの服展
 
自然のやさしさ

 

Tomoさんの服にはじめて触れたのは、2010年のこと。

東京で立ち寄った工芸店で
自然な色合いと風合いの
気持ちよさそうな服が眼につきました。

 

丁寧に仕立てられたシャツを手にとり
買い求めました。

お店の方に話をうかがってみると
タイで手つむぎされ、手織りによって作られている
デザイナーのTomoさんの品であるということでした。
Tomoさんのお兄さんが倉敷で販売を担当されているので
そちらへ連絡してみては、と教えてくれました。

 

それ以来、タイからお兄さんの元に新作が届くと
少しずつですが送ってもらうようになりました。

草木の色で染められたやわらかな色合いや
手つむぎの風合いは
どれも少しずつ異なり
毎回、届くのがとても楽しみでありました。

 

「できることなら、一度にいろいろな作品を見てみたい」
と声があがり、展示会をお願いしました。

それは、2年半前。
2011
4月に開催予定でした。

 

当然ながら
あの年の
4
月には展示会などできるはずもなく
やむなく中止に。

あれから2年半の歳月を経て
ようやく初めて会を開くことができます。

自然な色と、風合いと、丁寧な仕立て。
タイの人たちと力を合わせてつくられているTomoの服。
どうぞ手にとって、お確かめください。


 

Tomoの服展 

2013年9月20日(金)〜26日(木)


Tomoナチュラルファブリクス 
http://tomo.natural-fabrics.jp/Profile-Concept.html


IMG_0603.jpg



F4005M.jpg  IMG_0493.jpg








| kogensya | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
窯元がたくさんです-5-
 

窯元がたくさんです-5-

 

島根県を延々西へ。
益田市をすぎ、津和野町を横目に見ながら、
山口県へ入ります。


山間の田園や牧場が広がる中に、
舟木邦治さんの舟木窯がひっそりとあります。


舟木さんは島根県松江市の生まれで、
布志名焼、船木研児氏に師事されました。


当店で扱うやきものの中では
ちょっと異色の雰囲気です。

実用の中の美しさ、
というよりは暮らしの中の楽しさ。
ちょっと奇抜な形も色も、
舟木さんの暮らしぶりから生まれる楽しさ。
工房も住まいも作品もご自身も、
すべてに一本、筋が通っています。

 


IMG_1636.JPG
ふち青平皿


IMG_1635.JPG
内呉須ケーキ皿


IMG_1630.JPG
羽根付カップ 慣れないと持ちにくいです。


IMG_1632.JPG
楕円皿 鳥

IMG_1637.JPG
花器


今年(2013年)11月には
舟木さんと銅版画家の村上千彩さんの二人展を予定しています。
どんな会になるか、楽しみです。









| kogensya | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode