Page: 1/2   >>
窯元がたくさんです-5-
 

窯元がたくさんです-5-

 

島根県を延々西へ。
益田市をすぎ、津和野町を横目に見ながら、
山口県へ入ります。


山間の田園や牧場が広がる中に、
舟木邦治さんの舟木窯がひっそりとあります。


舟木さんは島根県松江市の生まれで、
布志名焼、船木研児氏に師事されました。


当店で扱うやきものの中では
ちょっと異色の雰囲気です。

実用の中の美しさ、
というよりは暮らしの中の楽しさ。
ちょっと奇抜な形も色も、
舟木さんの暮らしぶりから生まれる楽しさ。
工房も住まいも作品もご自身も、
すべてに一本、筋が通っています。

 


IMG_1636.JPG
ふち青平皿


IMG_1635.JPG
内呉須ケーキ皿


IMG_1630.JPG
羽根付カップ 慣れないと持ちにくいです。


IMG_1632.JPG
楕円皿 鳥

IMG_1637.JPG
花器


今年(2013年)11月には
舟木さんと銅版画家の村上千彩さんの二人展を予定しています。
どんな会になるか、楽しみです。









| kogensya | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
窯元がたくさんです-4-
 

窯元がたくさんです-4-

出雲市から車で約1時間。
出雲地方から石見地方へ文化圏が変わります。
大田市温泉津(ゆのつ)。
名前のとおりに港と温泉で栄えた町です。


趣のある温泉街をちょっと外れたところに、森山窯はあります。


河井寛次郎の最後の内弟子として知られる森山さん。
土もののぬくもりを感じさせながら、
実際に使ったときのぴたりと手になじむ感触は、
細部にまで心が配られているからと思います。
いつ伺っても掃除の行き届いた工房は、
凛とした空気が流れています。

IMG_1643.JPG
飯椀 重さのバランスがとてもよいです。

IMG_1640.JPG
ティーポット(小)

IMG_1638.JPG
灰皿 最近は需要が少なくなりましたが、立派な形です。

IMG_1641.JPG
定番のマグカップ    

次はさらに西に向かい、山口県徳佐の舟木窯です。










| kogensya | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
窯元がたくさんです-3-
 

窯元がたくさんです-3-

宍道湖を右手に、
西に向かってから山沿いへと向かいます。
雲南市三刀屋。
静かな山沿いに、石飛勝久さん、勲さん父子の「白磁工房」があります。

品のよい潤いを感じる勝久さんの作品は
数十年前から当店の定番。

後継の勲さんも勝久さんのよさを受け継ぎながら、
いまの感覚を取り入れた、誠実でたしかな仕事をしています。


IMG_1623.JPG

呉須線文鉢 径18cm 勝久さん作 深みがあってやわらかい青。
                         それが、勝久さんの呉須の色。


IMG_1628.JPG  徳利とぐい呑み 勝久さん作  お酒はもちろんですが、小さな花を飾りたくなる徳利です。


IMG_1624.JPG
湯飲みとマグ 勝久さん作   面取り、しのぎ手の切れ味が心地よいです。


IMG_1589.JPG
白磁香炉 勝久さん作  手のひらにおさまる香炉。
                 大切なものをしまっておく小物入れにもなりそうです。


IMG_1627.JPG
白磁深皿と飯椀 勲さん作  深皿はスープ、パスタ、ごはんに。使うとわかる万能さです。


IMG_1629.JPG
コップと碗皿 勲さん作  ていねいな仕事ぶりが伺えます。

IMG_1698.JPG
呼び鈴 勲さん作 澄んだよい音がします











| kogensya | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
窯元がたくさんです-2-

 

窯元がたくさんです -2-

袖師窯からクルマで西に30分。
山陰本線、玉造温泉駅まえの湯町窯。
青白いなまこ釉とガレナ釉といわれる黄色い釉薬で知られます。

洋食器が多く、スリップウェア、多様なマグ、ピッチャーなど、
この窯ならではの雰囲気を湛えています。

IMG_1603.JPG

なまこ釉のボウルと皿 ふちの斜めしのぎとなまこ釉はよく合います。


IMG_1604.JPG
櫛描きの飯椀と汁碗。なまこ釉とならぶとコントラストが鮮やかです。


IMG_1610.JPG


IMG_1608.JPG
多様なカップ類。取っ手の持ちやすさには定評があります。


IMG_1609.JPG
指にぴたりと馴染みます。


IMG_1605.JPGスリップウェアの楕円皿。
こういうこってりしたところが味になるのも湯町窯ならでは。


次は、雲南市三刀屋の白磁のつくり手
石飛勝久さん、勲さんを紹介します。










| kogensya | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
窯元がたくさんです-1-
 

窯元がたくさんです-1-

島根県は東西に長く伸びた中に、100軒ちかく窯元があるとか。
当店でもおつきあいのある窯が、いくつもあります。


そんなわけで年に一度は訪れる島根県。
今回もいろいろとよいものを選ぶことができました。

 

まずは松江市。
宍道湖のほとりの袖師窯。
日用のうつわを幅広く作る窯です。

渋いもの、ちょっとモダンな印象のもの。
いずれも実用での使い勝手は、とてもよいです。

新入荷品の中から、一部ご紹介します。

IMG_1590.JPG

市松模様のカップと皿 径21cm


IMG_1593.JPG
ふちの鉄釉と呉須の青が美しい皿 径18cm


IMG_1599.JPG
小皿三種 「巴」「米」「つゆ草」の図柄(右上から時計まわり)


IMG_1600.JPG
たっぷりふっくら番茶碗 どちらも梅紋


IMG_1601.JPG
ちょっとクラシカルな絵付けのそば猪口。
宍道湖に浮かぶ嫁ヶ島が描かれています。


IMG_1598.JPG
呉須釉しのぎカップ。


次回は、湯町窯を紹介します。











| kogensya | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
うつわいろいろ − 出西窯の青

深い青色です

多彩な釉薬を使いこなす出西窯ですが、
「出西の色」として真っ先に思い浮かべるのが、この呉須のブルー。
透明感のある青だけれども、派手すぎず
お惣菜を引き立ててくれる色です。 


IMG_1010.JPG 
外鉄内呉須丸深鉢(ボウル) 5寸(15僉法  2520



| kogensya | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
うつわいろいろ − 出西窯
 
ボタンのようなこれは・・・。


IMG_1003.JPG



島根県出西窯の昔からの定番
せっけん置きです。

IMG_1004.JPG


せっけんを載せると、こんな感じになります。
上の穴から水が下に落ちるので、ときどき横の穴から水を抜きます。

IMG_1005.JPG
出西窯 せっけん置き ¥2940








| kogensya | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
はしおきいろいろ
はしおき

箸置きを使うことはめったになかったのだけど、
猫がときどきテーブルに上がるのが気になって
いつも使うように。

箸置きを使うだけで、何とはなしにちゃんとした食事のような雰囲気になります。

IMG_1017.JPG     IMG_1016.JPG 
島根県 湯町窯                        会津 五十嵐元次 


IMG_1015.JPG     IMG_1014.JPG
島根県 袖師窯                        鳥取県 山根窯 石原幸二


大きさもカタチもそれぞれの窯ごとでずいぶん違って
気分によって使い分けたりすると楽しそうです。






| kogensya | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
うつわいろいろ − 山陰のやきもの

結構たくさん入荷してます


山陰での仕入れ分など
やきものがいろいろ入ってきています。
ちょっとまとめてご紹介。

IMG_0945.JPG
鳥取、山根窯 石原幸二さんのスリップウェア6寸皿

石原さんのスリップウェアは昔から大好きで
家では毎日のように使ってます。

ていねいにひかれたスリップ模様だけど
とても自然で、眺めていて心地よくなる石原さんのスリップは
ついつい手が伸びて使ってしまいます。



IMG_0999.JPG
島根県温泉津、森山窯 森山雅夫さんのポットとコーヒードリッパー

ドリッパーをポットの上にセットすれば、ポットにそのままドリップできます。

IMG_1000.JPG

ペーパーフィルターよりネルのほうが合いそうなカタチですね。



IMG_1002.JPG
森山さんの白釉の六寸皿とゴスの八寸皿

平皿の見事さには、いつも惚れ惚れします。
陶器で底がこんなにスッと平らな皿は、ありそうでなかなかありません。
あたりまえのように作られるこのお皿に、森山さんの確かな技術が光ります。







| kogensya | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
塩壺いろいろ



おみやげにいただいたり
自分で買ったりしているうちに
いつの間にか増えてきた、塩の種類。


きめ細やかなもの
しゃりしゃりした藻塩など、
見た目も、味わいも、口どけも
ちょっとずつ違います。

その違いがわかりやすいのが、塩むすび。
ひとつずつ塩の種類をかえ、
ひと口大のおむすびをつくって食べ比べると
けっこう違いがわかります。

あっこれは、にがりがきいてる。
これはまろやか、などなど。

なんとなく感覚でつかんだら、
やさしい塩味のものはパンケーキの隠し味に、
大きな粒で塩味がたっているものは肉料理にと
ちょっと、こだわってみたりして。



その割には、
それほど違いがわからないのだけれど、
いくつも並んだ塩壺を見ているだけで楽しくなって
台所に行くたびに、ちらり、またちらりと、眺めています。











| kogensya | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode