Page: 1/1   
一年つかったうるしのおさじ

お久しぶりの「あとさきシリーズ」

昨年二月に新しい入荷品として
安比塗漆器工房のボウルとスプーンを紹介しました。
そのとき個人的に購入し使っている「先塗りスプーン」です。


使い勝手は抜群です


その軽さやちょうどよい大きさは、
スープからカレー、チャーハンなどのごはんものまで大活躍です。


で、問題の丈夫さは?


うるしのスプーンが好きで、いくつも使いましたが、
最初はよくても結構すぐに痛んでくることがありました。

この安比塗のスプーンは一年間結構使い込んだのですが、
痛むよりはつやつやと光ってきました。

まだまだ大丈夫そうです。
お値段からすれば、文句はないです。



IMG_0460.JPG
安比塗 先塗りスプーン  上が一年使用。下が新品。          2100円



IMG_0459.JPG
上が一年使用。 下が新品。





| kogensya | 16:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
玲さんの拭き漆の手刳りさじ
無骨ですけど

木の味わいはあるけれど、ごっついし、使い勝手はどうだろう?
と使い始めたコーヒー豆用のスプーン。

豆入れの底に、いくつかカランカランと残っていたコーヒー豆。
いつもなら逆さにしてとるところだけど、
新しい木のさじを使ってみた。

なんと最後の一粒まで、簡単にすくえてしまうではないですか!
すごくよく出来てる!感動です。


IMG_0451.JPG
光原社オリジナル樺細工コーヒー豆いれ
200g用 17850円
伊藤玲 コーヒー豆スプーン 2625円



玲さんのさじは、ひとつひとつ手で刳って、
ていねいにていねいに、拭き漆がされています。

面白い形のものでも、使ってみると手にしっくりなじむのは、
玲さんがひとつづつ、使い心地を確かめながら、削りだしているから。

使っているうちに白くはげてしまう拭きうるしのものが多い中、
玲さんのはつやつやと輝いてくるほどです。

IMG_0452.JPG


2012年3月16日(金)から22日(木)

伊藤玲 菊地流架 木と金の二人展 
| kogensya | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コーヒー豆のいれもの
 二度皮のやわらかな肌合い
IMG_0203.JPG
光原社オリジナル コーヒー豆いれ 100グラムタイプ 高さ約12.5センチ 13650円
                     200グラムタイプ 高さ約16.5センチ 17850円 


二度皮とは良く目にするお茶筒などの表面に貼られる樺桜の表皮をとった後
数年後に取れる樺桜の皮のことです。

最初の皮に比べるとちょっと柔らかい感じで、つやはあまりありませんが独特
の風合いがあります。

IMG_0206.JPG

その二度皮をはり、ねじ式のコーヒー豆のストッカーに仕上げたのがこのコーヒー豆いれ
です。


IMG_0204.JPG
内側は拭きうるし仕上げ


少量生産のためこれまで盛岡本店のみの取り扱いでしたが、このたび
久々に仙台店に入荷してまいりました。二度皮はその取れる時期や場所
により表情がまったく変わります。ほとんど一品ものといえるほど皮の表情
は違います。

使い込むとコーヒー豆の油脂で磨かれて渋い艶が楽しめます。
IMG_0207.JPG


| kogensya | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
盛岡 泉山さんの「福良椀」
 使い込む楽しさ
IMG_0183.JPG

 


盛岡 潤漆工房 「福良椀」 径約12cm 高さ約6
税込み5250円 左 新品 右 5年間使用


しばらく品切れしておりました盛岡、泉山昭次さんの「福良椀」

久しぶりに入荷してまいりました。



下の文は以前HPにて紹介した記事です

どちらのお椀が美しいですか?
右の写真の汁椀、二つありますがどちらも同じ
盛岡、潤漆工房 泉山昭次さんの「福良椀」で
す。
ただし、左は新品、右は5年間使用したもので
す。上質な漆は丁寧に使い込むと透明度が増
し明るく発色してきます。この「福良椀」は木地
の木目が実に美しく出てきているのがお分かり
いただけると思います

使い込むことで美しさが増します。
質のあまり良くない漆器は新品の時が一番キレ
イで、使っていくうちになんとなく古びていきます。
しかし上質な漆器は使い込むことで美しさが増し
て行きます。愛用の器が美しく変わってゆくことは
日々の喜びであります。

お手入れ方法は難しい?
確かに食器洗浄機や乾燥機はお使いになれませ
ん。不便といえば不便に思う方もいるかもしれませ
ん。それでも柔らかいスポンジで洗って(洗剤でも
石鹸でも大丈夫です)、普通の食器ふきのふきん
で丁寧にふきあげていただければ(ここがポイント
です)それ以上の手入れは不要です。お手入れも
美しく変化してゆくうつわを味わう楽しみになるの
ではないでしょうか。

| kogensya | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
うるしのお弁当箱


鳴子漆器の弁当箱

漆塗りの弁当箱.JPG
                     宮城県鳴子 小野寺公夫 小判弁当 16800円


くいしんぼうなので
この大きさでは足りないかもと思っていた、漆塗りの弁当箱。
ふたを開けると、縦16僉燠9僉濘爾5僂
少しこぶりに見えます。

和菓子を入れようか、たまご焼きを入れようか、
といっても、ひんぱんに機会があるわけでもないし……。
ということで、やっぱり弁当箱に。


唐揚げ、たまご焼き、ひじきの煮物、菜花のおひたし、
ごはんの上には、実家でつけた梅干しをのせました。


いつものおかずの残りを詰めただけなのに
気分はまるで松花堂弁当。


待ち遠しいお昼になって
つやのあるふたを開けるのも、うれしい瞬間。
少し高級感のあるお店で食事をする感覚で
ゆっくり、ゆっくり、味わいたくなります。


いつもより時間をかけて食事を楽しめたからでしょうか
足りないかもと思っていた量でも、おなかは大満足。


そして、なにより気分が落ち着きます。
どんと構えられるというか、地に足のついた生き方ができそうというか。
毎日この弁当箱でいただけば
心持やありようも変わってきそうな気がします。


食べ終えた後も、
食器洗い用のスポンジに洗剤をつけて
やさしく洗っただけで油汚れもすっと落ち
ふきんで水分を拭き取れば、しっとりつややか。
使いつづけるうちにまた、
つややかさが増してくるかと思うと
それも楽しみです。


今日から、おうちでお弁当
はじめようと思います。

 


 

| kogensya | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
おいしいご飯

手間はそれなりにかかります。

IMG_1912.JPG
秋田 杉曲げわっぱおひつ 内寸約15.5cm深さ約7センチ
2合くらいがちょうどいいサイズです  ¥21000



白木の木目の通った秋田杉のおひつ。ここからよそわれるだけで
ご飯がおいしそうです。

実際にはどうなのか?炊飯器とお櫃と二つ洗わなくてはいけないし、
きちんと乾かさないとカビが生えたりするし、気を使うのも事実。

そんな面倒を乗り越えて毎日使い続けているのは、やっぱりごはん
がおいしくなるから。程よく水分が抜けてご飯がツヤッとします。

毎回必ず食べる分だけ炊く、という人にはそれほどありがたみは
ないかもしれません。でも夜炊いて次の日の朝や昼のお弁当に
という時には炊飯器の保温していたご飯とは全くの別物。

暖かい保温してたご飯より、おひつのなかで冷えたご飯のほうが
ずっと美味しいのです。

冷めても美味しいのでお弁当には特におすすめです。

使った後は少しうるかしてからたわしでこすり、熱いお湯ですす
いだあと、ふたをしないで乾かします。梅雨時などは扇風機の
風をあてたりします。

手間はかかりますが、美味しいご飯のためならそれほどでも
ないとおもわせてくれます。
| kogensya | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode